ビューティ情報『オレンジの香水に要注意!? 日差しだけで発症する紫外線アレルギーの原因と対処法』

2018年9月26日 18:00

オレンジの香水に要注意!? 日差しだけで発症する紫外線アレルギーの原因と対処法

目次

・紫外線アレルギーの症状
・紫外線で炎症が起きる成分とアレルギーの対処法
オレンジの香水に要注意!? 日差しだけで発症する紫外線アレルギーの原因と対処法
紫外線による日焼けや肌荒れは女性の大敵ですが、最も恐ろしいのは「紫外線アレルギー」による症状です。今回は、紫外線アレルギーの具体的な症状や、発症する原因についてご紹介しましょう。

紫外線アレルギーの症状

腕を掻いている女性の画像

7月25日放送の「ワイド! スクランブル」(テレビ朝日系)では、「紫外線アレルギー」について特集。通常の日焼けとは違った症状や危険性、効果的な対処法についてが取り上げられました。
今年は去年よりも紫外線が強い日が多く、街の女性たちも帽子や化粧品などで入念なUV対策をしている様子。しかし中には、日差しにあたると人より肌が赤くなったり、かゆみを伴う小水疱などの症状に悩まされる人が増えています。この症状は紫外線に対するアレルギー反応から来るもので、重症化するとアナフィラキシーショックによる血圧低下、意識障害など命にかかわる症状を招くことが。
紫外線アレルギーが起こる原因は、湿布や塗り薬に含まれる成分や抗生物質、降圧剤などの薬剤。ほかにも香水などの化粧品や、ストレス、生活習慣の乱れからくることもあるそうです。紫外線アレルギーについては知らない人も多く、ネット上では「日にあたるだけでアレルギー出るなんて大変」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.