ビューティ情報『ご飯や麺に置き換えて糖質オフ!ヘルシーな氷こんにゃくの作り方』

2018年10月3日 22:00

ご飯や麺に置き換えて糖質オフ!ヘルシーな氷こんにゃくの作り方

を使いたい形状(角切り肉がわりならひと口大のぶつ切り、ひき肉やごはんに混ぜるならみじん切り)に切る。
<2><1>をジップ式などの保存袋に入れ、なるべく空気が入らないようにしながら密封し1日以上冷凍する。
<3>調理したい場合、<2>を冷凍庫から取り出し、袋のまま7分ほど流水にさらし解凍する。
<4>解凍できたら<3>をザルにあけ、余分な水分をキッチンペーパーや布巾でギュッと絞って完成。
手順はいたってシンプル。全部使わない場合は、水けを絞った状態で再び袋に入れて冷蔵保存すれば、3~4日もちますので、時間のあるときにたくさん作ってストックしておけます。まずは、お肉代わりに野菜と炒めたり、ご飯と一緒に炊いたりするのがオススメです。

氷こんにゃくのダイエットパワーとは?

【ダイエットパワー1】かみごたえアップで満腹感もアップ こんにゃく自体にもかみごたえがありますが、氷こんにゃくの弾力はそれ以上。よくかむと、食事の時間が長くなりますので、自然と満腹中枢が刺激されます。いつもの量を食べても「お腹いっぱい」と感じやすくなり、食べ過ぎの防止にもつながります。
【ダイエットパワー2】食感と味つけでお肉好きも大満足 氷こんにゃくは、食感も見た目もお肉にそっくり。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.