ビューティ情報『「足」の使い方を変え、体の土台から美脚をつくろう』

2019年5月3日 08:00

「足」の使い方を変え、体の土台から美脚をつくろう

少しずつ足の指を内側に曲げてストレッチし、足本来の機能を取り戻しましょう。
足指ストレッチ
「足」の使い方を変え、体の土台から美脚をつくろう

真っすぐに立ち、右ひざを軽く外側に向けます。右足の甲を伸ばしながら、足の指をつけ根から曲げます。(足の指の関節は手と同じ構造で3つあります。指先から3つ目の関節が拳の関節になります。)
「足」の使い方を変え、体の土台から美脚をつくろう

慣れるまでは、タオルの上で行うのがおすすめです。
<これはNG!> 3つ目の関節ではなく、第1関節や第2関節しか曲がっていない状態。
「足」の使い方を変え、体の土台から美脚をつくろう

つけ根ではなく、第一関節で曲げてしまうと「拳」は生まれません。
「足」の使い方を変え、体の土台から美脚をつくろう

足裏がほぐれてきたら、立ち方にも意識を向けましょう。
まず一番大切なのが親指の意識。親指の先端を地面につけ、母趾球は少し浮かせるくらいに引き上げます。そうすることで土踏まずの筋肉が働きます。そのほかの4本の指は、できるだけ指を伸ばした状態で、指の腹で踏ん張りましょう。すると、足裏の筋肉が働き、アーチがつくられやすくなります。
撮影/徳永徹ヘア&メイク斎藤節子文/馬渕綾子衣装協力/イージーヨガ

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.