ビューティ情報『いつもの味に深みとアクセントをプラス! とっておき料理に効かせたい ハーブ&スパイス』

2018年12月7日 12:00

いつもの味に深みとアクセントをプラス! とっておき料理に効かせたい ハーブ&スパイス

の5つです。それぞれにどんな料理が合うのか見ていきましょう。
左から時計回りに、スモークパプリカ、花椒、シナモン、クミンシード、バジル。
↑左から時計回りに、スモークパプリカ、花椒、シナモン、クミンシード、バジル。

1.燻香が格上の味わいにする「スモークパプリカ」

パプリカを木のチップでスモークしてからパウダー状にしたもの。食欲をそそる燻製の香りと、トマトを思わせる濃厚な味わいが印象的なスパイスです。
スモークパプリカ

「スモーキーな香りがお料理のアクセントになります。お肉やお魚にまぶして焼くのもよいですし、カレーの隠し味にするとコクが増します。炊飯器で手軽に作るピラフの隠し味にすると、ごちそうのような高級感のある香りに。カレーやピラフなどは、4人分の量に小さじ1/2程度から入れてみて、好みによって調節してみてください。塩胡椒などと同じタイミングで入れます」

2.エスニックな香りで和食との相性も抜群の「バジル」

生の葉で有名なハーブ。アジアン料理を思わせる、独特の香水のような香りが食欲をそそります。乾燥タイプはやや硬く舌に残るので、調理のはじめの段階で加えて一緒に煮込んだり炒めたりするといいでしょう。
バジル

「鶏肉や白身魚などのハーブソテーでお馴染みですが、おしょうゆ味の煮込みや、野菜の炒め物に少し使うと、アジアンエスニックの香りに変身します。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.