ビューティ情報『いつもの味に深みとアクセントをプラス! とっておき料理に効かせたい ハーブ&スパイス』

2018年12月7日 12:00

いつもの味に深みとアクセントをプラス! とっておき料理に効かせたい ハーブ&スパイス

鶏肉を、お酢とおしょうゆとバジル少々で煮込むのもおいしいですよ」

3.炒め野菜やサラダなどどんな料理にも合う「クミンシード」

セリ科の一年草で、カレーのような刺激のある強い香りがあります。
クミンシード

「炒めものの最初に油と一緒に炒めてから使うと、いつもの”カレー粉”よりも、ナッティな香ばしさがひきたって、食欲をそそります。蒸したじゃがいもや鶏肉のソテーなどに使うのが定番ですが、オクラやほうれん草などの青物野菜と炒めてもいいですし、サラダに振りかけるのもおすすめです」

4.甘くて清涼感のある香りは素揚げした野菜にぴったりの「シナモン」

ニッケイ属などの樹木の内樹皮からとれた香辛料で、甘さを感じるスッとした独特な香りがします。
シナモン

「お菓子に使う印象が強いスパイスですが、かぼちゃやごぼう、里芋などを素揚げしたとき塩と一緒に振ると、香りのよいおつまみに。サンマやイワシなど、青背の魚を煮つけにするときに、一緒に煮込むと臭み消しのはたらきもしてくれます」

5.ぴりっとした香りと辛味が料理に深みを与える「花椒」

痺れるような辛味があり、麻婆豆腐など四川料理で活躍する中国原産のスパイスです。
花椒

「花椒だけでなく、シナモンと混ぜることで香りがより強く感じられ、コクが出て本格的な味わいになります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.