ビューティ情報『いつもの味に深みとアクセントをプラス! とっておき料理に効かせたい ハーブ&スパイス』

2018年12月7日 12:00

いつもの味に深みとアクセントをプラス! とっておき料理に効かせたい ハーブ&スパイス

調味料をつけた豚スペアリブ

2.大きめの鍋に、1.と水1ℓを入れて中火にかける。沸騰したらアクを取り除き、玉ねぎ、しいたけ、<B>を加えて、落しぶたをして中弱火にする。
3.煮汁が半量程度になって、豚肉が柔らかくなるまで1時間程度煮込む。このとき煮汁の蒸発加減を見ながら、煮汁が足りなくなるようであればフタをする。
【調理のポイント】
「豚肉に下味としてスパイスを使うことで、豚の臭みをマスキングする効果があります。また、ゆっくり煮込んでしっかりと肉にスパイスを馴染ませるので、エスニックな香りがお酒やごはんとよく合います」
シナモンスパイス

「シナモンは、今回入手しやすいパウダーを使用しましたが、シナモンカシアのスティックや原型があれば、よりスパイスの香りが立つ仕上がりになります。その場合は、ひと鍋に1本(1片)の分量が目安です。慣れないうちは途中で味見をして、十分に香りがついたと感じたら取り出してください」
ビールによく合うスパイシーな香りの
「チキンケバブ」
チキンケバブ

【材料(4〜5人分)】
鶏もも肉(小さめの一口大に切る):2枚
パプリカ(鶏肉と同じサイズに切る):2個
玉ねぎ(鶏肉と同じサイズに切る):1個
<A>
クミンシード(すり鉢などで半ずりにする)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.