ビューティ情報『フリース、タイツ、ブーツ…専門家が指摘「内臓冷えを招く」冬のファッションは?』

2018年11月20日 07:00

フリース、タイツ、ブーツ…専門家が指摘「内臓冷えを招く」冬のファッションは?

目次

・あなたは大丈夫?内臓温度チェックリスト
・内臓冷えを招く生活習慣・衣類編
フリース、タイツ、ブーツ…専門家が指摘「内臓冷えを招く」冬のファッションは?
「冷え症の自覚がなくても8割の人が内臓冷えを抱えている」と話すのは、これまで6万人以上の内臓温度を測ってきた理学博士の山口勝利さん。内臓冷えはダイエットにも悪影響を及ぼします。内臓冷えのチェックリストを見ていきましょう。合わせて内臓冷えに直結する冬ファッションを山口さんの著書『死ぬまで元気でいたければとにかく内臓を温めなさい』から、ご紹介していきます。

あなたは大丈夫?内臓温度チェックリスト

内臓冷えが何より怖いのは、冷えているのが実感しにくいというところにあります。
実感しにくいからこそ、知らぬ間にどんどん深刻になっていく。
以下のチェックリストでチェックしてみましょう。
内臓温度チェックリスト (3つ以上、当てはまった人は要注意!)
□顔のシミやくすみが気になる
□皮膚にかさつきがある
□唇がひび割れやすい
□足のむくみに悩まされている
□よく胃が痛くなる
□最近イライラすることが多くなった
□ストレスを感じやすい
□体がだるく疲れやすい
□肩こりや腰痛がひどい
□眠れない日や寝つきが悪い日が多い
□便秘が続いている
□手足がほてっている
□姿勢が悪いといわれる。
□腹筋運動が1回もできない
□コーヒーやビールをよく飲む
内臓温度に直結するのは、体の中から冷やす食習慣と、血流を悪くする生活習慣です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.