ビューティ情報『フリース、タイツ、ブーツ…専門家が指摘「内臓冷えを招く」冬のファッションは?』

2018年11月20日 07:00

フリース、タイツ、ブーツ…専門家が指摘「内臓冷えを招く」冬のファッションは?

それは内臓温度が下がっているサインです。
ブーツは、足首と足の指を長時間固定してしまうことで、底背屈(ていはいくつ)運動といわれる足首の曲げ伸ばしがあまりできなくなります。そのため足首が硬くなり、足先までの血流が悪くなります。それが全身の血流の悪化につながり結果、内臓温度が下がってしまうのです。
足を伸ばして座った姿勢から足先が90度上を向くぐらい曲げられるかどうかを確認してください。 できないときは、血流が悪く、内臓温度が低い可能性があります。
3体を冷やさないようにフリースを着込む
フリース素材の服

すっかり冬のファッションアイテムの定番になったのが、「フリース」です。温かくて軽くて、とても便利ですよね。しかし、パジャマでのフリース着用は、内臓温度を低下させる可能性があります。
フリース素材は熱がこもりやすいため、パジャマ代わりにすると、体から熱が放熱しにくく、内臓温度が下がりにくくなるため、眠りが浅くなる可能性があります。
ぐっすり眠ると、体内の修復・回復を促す成長ホルモンが多く分泌され、体内での代謝活動が促進されます。 そして何より、脳も休まり、自律神経のはたらきが整います。 つまりぐっすり眠ることは内臓温度を上げることにつながります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.