ビューティ情報『フリース、タイツ、ブーツ…専門家が指摘「内臓冷えを招く」冬のファッションは?』

2018年11月20日 07:00

フリース、タイツ、ブーツ…専門家が指摘「内臓冷えを招く」冬のファッションは?

パジャマは薄手、生地は汗を吸い、温湿度調節をしてくれる綿やウールのものを着て、寒くて眠れないという人は、湯たんぽなどを入れっぱなしにするのではなく、寝る直前まで入れて布団の中を温めてください。
内臓温度が低いままだと、生活習慣病のリスクをあげる、内臓脂肪がつきやすくなります。内臓温度を高めることは新陳代謝をよくし、たまりにくい体にしてくれます。
参考書籍
山口勝利著『死ぬまで元気でいたければとにかく内臓を温めなさい』(井上宏一監修、アスコム)
山口勝利著『死ぬまで元気でいたければとにかく内臓を温めなさい』(井上宏一監修、アスコム)

文/庄司真紀

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.