ビューティ情報『【大島優子さんインタビュー】30歳になって思う「本当に美しいと感じる人」』

2018年12月6日 18:00

【大島優子さんインタビュー】30歳になって思う「本当に美しいと感じる人」

目次

・30歳になって、心がふわぁ~っとラクになりました
・美しい人はみんな、仕事や生活を楽しんでいる
【大島優子さんインタビュー】30歳になって思う「本当に美しいと感じる人」
「ただいまだよ 30歳になったよ」10月下旬、1年間の海外留学を無事終えたことを、自身のインスタグラムでそう報告した女優の大島優子さん。2019年1月に開幕する舞台『罪と罰』では、過酷な運命を背負いながらも慈悲深いヒロイン・ソーニャを演じます。30歳を迎え、成熟した大人の魅力をたたえる大島さんが、自分の中に起きた変化についても打ち明けてくれました。

30歳になって、心がふわぁ~っとラクになりました

大島優子さん5

2015年に『No.9 –不滅の旋律-』で鮮烈な舞台デビューを果たし、翌年は濃密な二人芝居『美幸-アンコンディショナルラブ-』に主演。舞台で培った経験が自信として蓄積され始めた頃に30歳を迎え、心境にも大きな変化があったそうです。
「心がふわぁ~っとラクになりました。たぶん、いろんなことを気にしなくなったんでしょうね。以前は何をするにも一個ずつがすごく気になって、お芝居をするときもいつも、『これでいいのか? これじゃダメなのか?』と振り子が振れるみたいに迷ったり、自分の中でぐるぐる考えすぎてたんです。でも今はそれがなくなって、『思うがままでいいかな?』って(笑)。自分に自信がついてきたというのもあるかもしれないですけど、それ以上に、自分が気にしてるほどには周りは気に留めてない(笑)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.