ビューティ情報『「13㎏やせウォーキング」の効果アップに欠かせない3つの生活習慣』

2019年5月5日 09:00

「13㎏やせウォーキング」の効果アップに欠かせない3つの生活習慣

目次

・自律神経のバランスを整えるためにも質のいい睡眠を心がける
・心と体がハッピーになれる食事をとろう!
・マッサージやストレッチをゆるゆるルーティンに
・股関節をほぐして消費カロリーアップを目指せ!
「13㎏やせウォーキング」の効果アップに欠かせない3つの生活習慣
20代半ば、ストレス太りに悩んだ仁香さんは、日々のウォーキングで13㎏もの減量に成功しました。仁香さんが習得したやせるウォーキング法で心がけている生活習慣とは?著書『美人な歩き方』(SBクリエイティブ刊)をもとに、お話を伺いました。

自律神経のバランスを整えるためにも質のいい睡眠を心がける

「13㎏やせウォーキング」の効果アップに欠かせない3つの生活習慣

「モデルの仕事は朝が早いんです。そのせいか昔から早起きは得意。朝からテンション高めで過ごせちゃうんです」と仁香さん。
お子さんが生まれてからは、お弁当や朝食の準備のために起きる日も多くなり、今や早起きは習慣に。3~4時には起きてしまうこともあるそうです。
早起きは大の得意といったところですが、睡眠不足は自律神経のバランスを乱し、代謝を低下させるばかりか、ストレスの原因にもなるもの。とはいえ仕事や家事でバタバタしていると、満足に睡眠時間はとれない…。そこで仁香さんが心がけているのは、ゴールデンタイムにはベッドに入る習慣です。
「朝が早いぶん、ベッドには早めに入るように心がけています。22時~2時は細胞の生まれ変わりが行われる、いわゆるゴールデンタイムといわれますが、その時間に少しでも寝るようにすると短時間の睡眠でもスッキリしますよ」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.