ビューティ情報『栄養の宝庫キャベツの効果は? たくさんキャベツを食べるレシピ』

2018年12月7日 12:00

栄養の宝庫キャベツの効果は? たくさんキャベツを食べるレシピ

胃酸が過剰に分泌されて起きた胃炎や胸やけ、吐き気などの改善にも効果があります。胃の健康にかかわる栄養素といえるでしょう。ほかにも肝臓の脂質を減らす効果や抗酸化作用があるため生活習慣病予防にも役立ちます。
キャベツにはビタミンCも豊富です。ビタミンCは体の免疫力を高め、風邪予防や疲労回復を行います。肌荒れの改善や骨を丈夫にするのにも効果のある成分です。
また、キャベツは歯や骨を作るカルシウムと、カルシウムの吸収を助けるビタミンKが同時に摂取できる野菜です。とくにビタミンKに関しては、野菜の中でも含有量が大変多くなっています。
紫キャベツに含まれるアントシアニンには抗酸化作用があります。水晶体に影響を及ぼす紫外線を吸収するため、緑内障予防に有効です。アントシアニンには眼球の血流をよくする働きもあります。血流がよくなると栄養が行き渡りやすくなるため、疲れ目やそのほかの症状にも有効な成分です。ほかにも脂肪の蓄積を抑えて生活習慣病の予防、血行をよくして肌荒れを改善する効果もあります。体にやさしい栄養がたっぷり入ったキャベツですが、調理のやり方次第で栄養が失われてしまうことがあります。ビタミンCとビタミンUは水溶性ビタミンです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.