ビューティ情報『赤いお肉でつるつるお肌に! 「鉄」「たんぱく質」「ビタミンB」が豊富な“赤い肉”料理』

2018年12月20日 17:45

赤いお肉でつるつるお肌に! 「鉄」「たんぱく質」「ビタミンB」が豊富な“赤い肉”料理

目次

・美肌に“赤い肉”が良い理由
・1番のおすすめは“赤身のステーキ”
赤いお肉でつるつるお肌に! 「鉄」「たんぱく質」「ビタミンB」が豊富な“赤い肉”料理
本格的な冬の季節となり、お肌の乾燥が気になる人は多いかもしれません。スキンケア商品は世の中に多くありますが、最近「きれいな肌」を作るための“ある方法”が注目を集めています。“食べるモノ”に着目した美容法について、詳しく見ていきましょう。

■美肌に“赤い肉”が良い理由

赤み肉の画像

11月12日放送の「ヒルナンデス!」(日本テレビ系)には、「きれいな肌をつくるなら赤いお肉を食べなさい」の著者で皮膚科医の柴亜伊子先生が登場。正しいスキンケアの方法と、“赤み肉と肌との関係”について教えてくれました。
一般的に“肌によい”とされているのは、「コラーゲン」や「ビタミンC」など。しかし柴先生は「これらの栄養素ももちろん大事だが」と前置きした上で、「鉄分」「たんぱく質」「ビタミンB」こそ大切だと主張します。この3つの栄養素を効率的にとれるのが“赤い肉”で、赤み肉のほかにハツ・レバー・マグロ・カツオなども含まれるそう。
1日に必要な鉄分の摂取量は10㎎と言われています。この量をとるためには、鉄分が多いイメージのあるほうれん草でも500g(3袋ほど)が必要に。しかし豚レバーであれば、わずか80gで必要な鉄分をとることが可能です。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.