ビューティ情報『腸内環境をよくするために増やしたい善玉菌、何を食べるのがおすすめ?』

2019年5月17日 12:00

腸内環境をよくするために増やしたい善玉菌、何を食べるのがおすすめ?

目次

・善玉菌を増やすために意識したいことって?
・1:善玉菌を多く含む食材をとる
・2:エサとなるオリゴ糖、グルコン酸などをとる
・3:納豆菌を多く含む食材をとる
腸内環境をよくするために増やしたい善玉菌、何を食べるのがおすすめ?
腸内環境を整えるには腸内細菌のバランスを整えることが重要です。善玉菌、日和見菌、悪玉菌とあるなか、でいかに善玉菌を増やせるかがキー。そこで、善玉菌を増やすためにとりたい食材について、3つのポイントでまとめました。

善玉菌を増やすために意識したいことって?

発酵食品のキムチには乳酸菌が豊富。野菜もとれるので食物繊維の補給にもなります。
肉類や脂質が多い食べ物が中心で、野菜不足の食事をとっていると、悪玉菌が増えて便秘になりがち。そんな食事の乱れが原因の便秘に有効なのは、腸内環境を整える便活食。
「食事が偏っている人は、腸内に善玉菌よりも悪玉菌が多い状態。改善するには、乳酸菌を含む食品などから善玉菌そのものをとったり、オリゴ糖や食物繊維など善玉菌のエサになる食品をとりましょう。慢性便秘の人は、滞った便の水分が吸収されて硬くなり出にくくなっているので、便の水分を増やしてやわらかくする水溶性の食物繊維がおすすめ。また、悪玉菌を殺す納豆菌を含む納豆をとるのも効果的です」(順天堂大学医学部 教授・小林弘幸先生)
今回は善玉菌を増やす3つのポイントと、おすすめ食材を紹介!

1:善玉菌を多く含む食材をとる

ヨーグルト

善玉菌の代表が乳酸菌やビフィズス菌。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.