ビューティ情報『[ブロッコリー]選び方とおいしく食べるための保存方法』

2018年12月24日 06:45

[ブロッコリー]選び方とおいしく食べるための保存方法

財務省の貿易統計によると、2014年の総輸入量のうち、約96%をアメリカが占めています。

選び方

ブロッコリー

おいしいブロッコリーを選ぶポイント①
花蕾(つぼみ)がかたくしまっていて、こんもりと丸く盛り上がった形のものを選びましょう。上から見て緑色が濃く、花蕾の粒がそろっているのもポイントです。
ブロッコリー

おいしいブロッコリーを選ぶポイント②
写真左のように、茎の切り口がみずみずしいものを選びましょう。中心までみずみずしいものは、柔らかく甘みがあります。
避けた方がいいもの 写真右のように茎の切り口にス(※)が入っているものは、かたくて筋っぽく、おいしくないので避けましょう。
※スとは、成長しすぎなどが原因で、内部が割れてできてしまった空間(亀裂)のこと。
memo
冬場に見かける紫がかったものは、寒さに当たって甘みが増しているサイン。茹でると緑色になり、栄養的にも味も問題なく食べられます。

保存方法・期間

生のまま保存する場合
茹でずに調理する場合(中華など)や、生のまま保存するときは、表面の水分をよく拭き取り、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存します。茎を下向きに立てて入れましょう。
保存時の注意 生のままで長時間おくとつぼみが開いてしまい、変色して味も香りも半減します。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.