ビューティ情報『[ブロッコリー]選び方とおいしく食べるための保存方法』

2018年12月24日 06:45

[ブロッコリー]選び方とおいしく食べるための保存方法

を加える。茎を先に入れ、1~2分たったら花蕾部分を茹でる。
  • 緑色が鮮やかになり、茎に竹串を刺して通るくらいにやわらかくなったら(約3~4分)、取り出して冷水に浸して冷ます。冷めたらザルにあげ、花蕾が含んだ水分をしっかりと切る。
  • memo
    ブロッコリー

    ブロッコリーにはアクが少ないので、蒸し煮にしてもOKです。鍋に3~4㎝の湯をわかし、ブロッコリーを入れて強火のままふたをして加熱します。調理のコツ 虫食いが心配なときは、1%程度の濃度の塩水に、花蕾部分を下にして全体を浸けてみましょう。小虫などが這い出してきます。
    小さめのブロッコリーなら丸ごと茹でてもOK。茎のかたい部分を切り落とし、切り口に十字の切り込みを入れると、火の通りが均一になります。
    時間に余裕があれば、ブロッコリーをやや固めに茹でてザルなどに広げ、うちわや扇風機で冷ましましょう。水溶性ビタミンの流出が抑えられるだけでなく、料理が水っぽくなりません。
    ポタージュにする場合
    香味野菜といっしょに煮込んで、柔らかくなったらミキサーにかけます。ポタージュにすると、栄養を余すことなく摂取できます。
    提供: VEGEDAY powered by KAGOME
    毎日の生活を、野菜でたのしく。VEGEDAY

    vege

    関連記事
    新着ビューティまとめ
    もっと見る
    子どもの教育アンケート
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    ピックアップ
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.