ビューティ情報『1か月に6300kcal消費!? 「寝るだけダイエット」の7つのルール』

2019年5月24日 22:00

1か月に6300kcal消費!? 「寝るだけダイエット」の7つのルール

目次

・正しく眠るだけで、1か月6300kcal消費される!?
・【ルール1】遅くても夜中の3時には眠っていること!
・【ルール2】睡眠時間は7時間目安で
・【ルール3】たんぱく質をバランスよくとる
・【ルール4】寝る前には激しい運動はしない
・【ルール5】就寝1時間前の入浴で「深部体温」を下げよう
・【ルール6】よい睡眠がとれる室内環境をつくる
・【ルール7】休日は遅くとも10時までには起きる
1か月に6300kcal消費!? 「寝るだけダイエット」の7つのルール
ハードな運動は苦手だし、ラクにやせられる方法があったら…そんな人におすすめのダイエットがあるんです。その名も「寝るだけダイエット」。睡眠は体を休ませるだけでなく、正しく眠るだけでカロリーも消費されるんですよ。一体どういうことか、早速チェックしていきましょう!

正しく眠るだけで、1か月6300kcal消費される!?

睡眠というと体を休めるための行為と思われがちですが、正しく眠るだけでやせることも可能なのだとか。
「睡眠中には、脂肪分解作用のある成長ホルモンが分泌され、しっかり眠ると、1日あたり300kcalの脂肪を消費してくれます。逆に寝不足だと、その量は90kcal程度にダウン。つまり、しっかり眠る人に比べ、寝不足の人は1日あたり210kcal、1か月で6300kcal分もの脂肪が分解されずに蓄積されてしまうのです。
体脂肪1kgは7200kcalに換算されるので、寝不足だと1か月で900gずつ太る計算になります」(よみせ通り診療所所長・佐藤桂子先生)
ほかにも、成長ホルモンにはアンチエイジング効果があるので、しっかり眠れば肌の若返りも可能。さらに、睡眠は食欲とも深く関わっているといいます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.