ビューティ情報『いつでも産めるカラダの準備を! 産婦人科医が教える子宮力を高める生活習慣5つ』

2019年5月19日 14:00

いつでも産めるカラダの準備を! 産婦人科医が教える子宮力を高める生活習慣5つ

目次

・子宮力を高める生活習慣のコツとは?
・【子宮力を高める生活習慣1】睡眠のリズムを整える
・【子宮力を高める生活習慣2】ストレスを早めに解消
・【子宮力を高める生活習慣3】冷えを撃退する
・【子宮力を高める生活習慣4】禁煙はマスト!お酒もひかえめに
・【子宮力を高める生活習慣5】体脂肪の急激な増加・減少に注意
いつでも産めるカラダの準備を!  産婦人科医が教える子宮力を高める生活習慣5つ
晩婚化や芸能人の高齢出産で、「いつでも子供は産める!」と思いがちな現代。ですが、30代から確実に子宮力はパワーダウン。「自分は若いから大丈夫!」と思っていても、生活習慣などで妊娠が難しくなっていることも・・・。何気ない生活習慣で、子宮や卵巣のパワーは簡単にダウンしてしまいます。ライフスタイルをしっかりと見直しましょう。

子宮力を高める生活習慣のコツとは?

子宮や卵巣の機能を高めるために、すぐに取り組んでほしいのは、体内リズムを整えること。不規則な生活で体内リズムが狂うと、自律神経のバランスがくずれて生理不順や無月経などを症状を引き起こします。ホルモンのリズムがくずれると、冷えやすくなるので注意。体は悪循環でどんどんくずれていってしまいます。
では、気になる子宮力を高めるための生活習慣とは?婦人科医の池下育子先生に教えていただきます。

【子宮力を高める生活習慣1】睡眠のリズムを整える

気持ちよく眠っている

夜更かしをしたり休日に寝だめをしたりすると、体内リズムに悪影響アリ。睡眠のリズムを整えるには、起きる時間を一定にして、朝日をしっかりと浴びるようにするのが◎。

【子宮力を高める生活習慣2】ストレスを早めに解消

ストレスを感じると自律神経のバランスがくずれやすく、血流が鈍くなって冷えの原因に。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.