ビューティ情報『妊娠しやすい体づくりに!1日5分のリフレクソロジー』

2019年5月5日 23:00

妊娠しやすい体づくりに!1日5分のリフレクソロジー

目次

・妊娠を望んでいるなら、こまめに刺激を
・Step1【子宮】血流を促進させ、子宮を活性化
・Step2【卵管】卵管の通りを促進させ、スムーズな排卵を
・Step3【卵巣】女性ホルモン分泌を促進させる
妊娠しやすい体づくりに!1日5分のリフレクソロジー
妊娠力をアップさせるには、ぜひ習慣化してほしいのが、かかとまわりのリフレクソロジーで生殖器系の機能を高めそこから作られる女性ホルモンを活性化させることがおすすめ。英国式リフレクソロジー専門スクール「クイーンズウェイ リフレクソロジー・スクール」のインストラクター・佐藤明子さんに、自宅で簡単にできる方法を聞きました。

妊娠を望んでいるなら、こまめに刺激を

「足の裏には全身の臓器や器官が反映された“反射区”がある」と考える英国式リフレクソロジー。かかとの内側には「子宮」の、かかとの外側には「卵巣」の反射区があります。ここを押すことで、子宮と卵巣を刺激し、血流を促進させると共に女性ホルモンを活性化させることができます。
「もちろん、妊娠は女性だけでも成り立ちません。男性の生殖器系の反射区もかかとまわりにあるので、パートナーと二人でリフレクソロジーをしてみてはいかがでしょうか。また、手首まわりにも子宮、卵巣、卵管などの反射区があるので、通勤途中やオフィスでのスキマ時間に、手の平側の手首を端から端までグリグリと刺激してみてください」(佐藤さん)
それでは、自宅でできる、簡単なリフレクソロジー術をご紹介します。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.