ビューティ情報『つらい冷え性を改善したい!漢方と毎日の習慣でケアする「温活」』

2019年1月7日 06:45

つらい冷え性を改善したい!漢方と毎日の習慣でケアする「温活」

目次

・冷え性は万病のもと!
・なぜ、冷え性になるのか?
・冷え性改善のポイントは、内側からも外側からも温めること
・積極的に摂取したい、体を温める食材とは?
・漢方薬を取り入れて体調改善をはかろう
・カガエ カンポウ ブティックの体を温めるおすすめ商品
つらい冷え性を改善したい!漢方と毎日の習慣でケアする「温活」
本格的な寒さがやってくる季節、気になるのは手足をはじめとする、からだの“冷え”ではないでしょうか。外出時にはムートンブーツを履いたり、靴下を重ね履きしたりしてみても、足先が冷たいままだったり、布団に入っても体が冷えて眠れない、などの症状があったら要注意。冷え性はただ体が冷たいと感じるだけでなく、疲れやすくなったり肩こりがひどくなったり、他のトラブルとしてあらわれることがあるのです。今回は、漢方専門店の薬日本堂が、日本橋髙島屋S.C.新館1階へ新たにオープンさせた「カガエ カンポウ ブティック」で、冷え性改善のアドバイスを聞きました。

冷え性は万病のもと!

漢方では、そのまま放置しておくと病気になる可能性がある、病名がつく前の不調を「未病」と呼んでおり、冷え性もそのひとつ。
「冷え性は、手足が冷たい、下痢をしやすい、しもやけやあかぎれができやすい、などの自覚症状があるものから、疲れやすい、イライラする、食欲がない、肩が凝るなどの、一見“冷え”とは関係がなさそうに見えるものまで、さまざまな症状としてあらわれる可能性がありますから、自分が冷え性だからと体の冷たさや寒さを我慢することはよくないのです」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.