ビューティ情報『つらい冷え性を改善したい!漢方と毎日の習慣でケアする「温活」』

2019年1月7日 06:45

つらい冷え性を改善したい!漢方と毎日の習慣でケアする「温活」

(カガエ カンポウ ブティック・薬剤師 上之原静佳さん、以下同)

なぜ、冷え性になるのか?

では、なぜ冷え性になってしまうのでしょうか。「原因となるものはさまざまあります。たとえば夏の間に冷たいものを食べすぎたり、冷房で体を冷やしすぎたりしていると、秋冬になったとき体に響くと言われています。また、体は気・血・水で作られているという漢方独自の考え方があり、なかでも血液は寝ている間に体をめぐって修復するとされています。睡眠時間が不足すると、めぐるべき血液も少なくなり、末端にまで届かず冷えの原因となります。冷え性には大きくわけて2つのタイプがあります」
つらい冷え性を改善したい!漢方と毎日の習慣でケアする「温活」

1.温める力が弱まっているタイプ
普段から寒がりで、お腹や足腰の冷えが見られ、体に余分な水分がたまってむくみを感じたりする冷え性の方は、温める力が足りないと考えられます。
「加齢や虚弱体質、慢性的な病気がある方や、無理なダイエットをした方、夏野菜や果物などの冷える食べ物をよく摂取してしまう方に起こりやすくなります。このタイプの方は、エネルギーを生み出す食材を豊富に摂り、冷たいものの摂りすぎに注意しましょう」
2. めぐりが悪く血液が末端まで行き届かないタイプ
自律神経のバランスが崩れていたり、手足の先が冷たくなったりしている冷え性の方は、血液を末端までめぐらせる力が足りないと考えられます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.