ビューティ情報『[小松菜]洗い方や茹で方と、みずみずしさを長持ちさせる保存法』

2019年1月11日 06:45

[小松菜]洗い方や茹で方と、みずみずしさを長持ちさせる保存法

目次

・栄養素
・旬・産地
・選び方
・保存方法・期間
・下ごしらえのコツ
・小松菜の炒め方
・小松菜の茹で方
[小松菜]洗い方や茹で方と、みずみずしさを長持ちさせる保存法
小松菜は数少ない東京生まれの野菜。冬が旬で、昔から正月の関東風のお雑煮にはかかせない青菜です。比較的鉄分を多く含んでいるのも特長。暑さや寒さに強く生育期間も短いので、家庭でプランター栽培しやすい野菜としても人気です。

栄養素

  • β-カロテン
  • カルシウム
  • ビタミンC
  • ビタミン K
  • 鉄など
栄養素のポイント ビタミンやミネラルを含む青菜といえばほうれん草を思い浮かべがちですが、実はビタミンC、カルシウム、鉄の含有量はどれも小松菜の方が多いのです。
厚生労働省が示す基準では、30~49歳の成人男女が1日に必要とするカルシウムの摂取量は550mg。カルシウムは不足しがちなので、小松菜を積極的にとりましょう。小松菜には骨の形成に必要とされるビタミンKも多く含まれています。
[小松菜]洗い方や茹で方と、みずみずしさを長持ちさせる保存法

栄養満点!簡単小松菜ジュース 小松菜は牛乳と一緒にとることで、含まれるカルシウムやβ-カロテンの吸収率がアップします。手軽にとるなら「小松菜ミルクジュース」がおすすめ。小松菜+牛乳+りんごをジューサーにかければ、できあがりです。

旬・産地

12~2月が最盛期。冬の寒い時期に旬を迎える青菜として、昔から関東風のお雑煮にはかかせない存在です。現在では、一年中栽培できるように品種改良され、冬に穫れるものは「冬菜」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.