ビューティ情報『順天堂大学が開発!体の異変を記録できる健康管理アプリ「いたみノート」』

2019年1月11日 21:45

順天堂大学が開発!体の異変を記録できる健康管理アプリ「いたみノート」

順天堂大学が開発!体の異変を記録できる健康管理アプリ「いたみノート」
毎日仕事や家事が忙しくて、自分の体に異変が起きてもガマンしていませんか。場合によっては、症状が悪化してしまう恐れもあるので、気になることがあれば見過ごさずに、まずはその状態を把握することが大事。そこで今回は、順天堂大学が開発した健康管理アプリ「いたみノート」をセレクトしました。

■体のささいな変化や気づきを記録できる健康管理アプリ

アプリ起動時の画像

「いたみノート」は、“慢性疼痛”の変化を記録できるアプリです。慢性疼痛とは、長期間にわたって体の痛みが続く症状のこと。気象やストレス、不眠などの影響を受けて痛みが強まることもあるそうです。
「笑顔レベルチェック」を表示した画像

アプリに痛みのレベルや経過観察などを入力すれば、痛みの変化がひと目でわかるように。ユーザーに向けて症状の評価をフィードバックしてくれるため、痛みの予防に役立つかも。
メニューを表示した画像

早速アプリを起動させると、「アンケート調査」が始まりました。一度答えればそのあとにアンケートは出題されないので、面倒に思わず正確に回答しましょう。体重や身長などを入力してアンケートを終えると、ホーム画面にジャンプ。
続けてメニュー内にある「痛み情報」という項目で、痛みの測定をしてみます。
質問に回答中の画像

診断が始まると体のイラストが現れて、「痛みのある場所をタップして選択」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.