ビューティ情報『だしを活用して糖や油に依存しない体に!~体ぽかぽか白菜の白みそミルフィーユ煮~』

2019年1月12日 11:45

だしを活用して糖や油に依存しない体に!~体ぽかぽか白菜の白みそミルフィーユ煮~

目次

・だしをもっと活用してほしい!
・うま味たっぷり&体ぽかぽか「白菜と豚肉の白みそミルフィーユ煮」
だしを活用して糖や油に依存しない体に!~体ぽかぽか白菜の白みそミルフィーユ煮~
年末年始、糖に油にさんざんとりすぎてしまって、胃や腸がお疲れの人、またちょっと体重が…と気になっている人におすすめのだしのおいしさがポイントのあっさりなのにうまみたっぷりのレシピを紹介します。旬の白菜をたっぷり使い、だしと白みそで煮込んだ食べるスープです。

■だしをもっと活用してほしい!

だしをビンに入れて保管している

こんにちは。インナービューティープランナーの峰村咲子です。
みなさまはお料理を作る際にだしは使っていますか? だしとは、食材を水に浸したり煮出したりすることによってうまみを引き出した抽出液のこと。日本の代表的なだしは、昆布とかつお節の合わせだしですね。でもだしを引くのは少々面倒なイメージがあったりどう活用するかわからず、なかなか手が出しにくいですが、だしを活用することはいいことがたくさんあるのです。
まずは、お料理がおいしくなるということ。
だしには舌で感じる味覚のひとつである「うまみ」が豊富で、このうまみのおかげでお料理がより一層おいしく感じます。
代表的なうま味成分は、
・昆布や野菜類のグルタミン酸
・かつお節などの動物性食品などのイノシン酸
・干ししいたけのグアニル酸
・貝類のコハク酸
を覚えておくといいでしょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.