ビューティ情報『目覚めの悪さや足のむくみは肝臓が原因かも!? 肝機能を健康にする3つの食材』

2019年1月15日 21:45

目覚めの悪さや足のむくみは肝臓が原因かも!? 肝機能を健康にする3つの食材

目次

・お酒を飲まない人も肝臓に要注意!?
・むくみと疲れに効く食材
目覚めの悪さや足のむくみは肝臓が原因かも!? 肝機能を健康にする3つの食材
冬の朝はなかなか布団から出られない時間が増えますが、もしかしたらそれは寒さではなくて肝臓のせいかも。じつは肝臓が正しく機能しないと、疲れやだるさといった体の不調につながってしまうのです。今回は、肝臓を元気にする食生活をご紹介しましょう。

■お酒を飲まない人も肝臓に要注意!?

スライスされたチーズの画像

12月12日放送の「ソレダメ!」(テレビ東京系)では、“眠らない臓器”と言われる肝臓について特集。肝機能障害が原因で起きる症状や不調を改善する対処法を、消化器に詳しい中島淳先生が教えてくれました。
肝臓は脳に必要なブドウ糖を貯蔵し、24時間体制で脳に供給する働きを持つ臓器。肝機能が低下すると疲れやすい体質になってしまい、朝の目覚めが悪かったり足がむくみやすいといった症状が現れます。肝機能障害はお酒をよく飲む男性に多い病気だと思われがちですが、女性も油断大敵。ムリなダイエットやお菓子、フルーツの食べ過ぎで糖質が過剰になると、肝臓に大きな負担をかけてしまうのです。
朝の目覚めをよくするためには、エネルギー不足を解消するチーズがおすすめ。肝臓は体が寝ている間も休まず活動しているため、エネルギーが足りないと寝ている間に脳のブドウ糖が不足して覚醒が鈍ってしまいます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.