ビューティ情報『【温泉療法専門医がすすめる】シャワー派はお風呂に入ろう!入浴の「7大健康作用」』

2019年1月19日 21:45

【温泉療法専門医がすすめる】シャワー派はお風呂に入ろう!入浴の「7大健康作用」

を解消する
「静水圧作用とは、お湯の水圧によって全身がマッサージされたような状態になり、血流や生理に影響を与えることをいいます。水圧で体を締めつけることによって血液の流れがよくなるので、脚のむくみなども解消されます」
(3)浮力作用……筋肉や関節をゆるめて緊張をほぐす
「水中では重力から解放され、体重が「10分の1」程度になります。この浮力作用のおかげで、関節や筋肉への緊張がゆるみ、リラックス状態にしてくれます」
(4)清浄作用……体の汚れを洗い流す
「皮膚の表面を洗い流すことで、不要な皮脂などを除去するほか、体に有害な物質や微生物を取り除きます。また、温かいお湯に浸かることで、毛穴が開き、汚れや皮脂を自然に流れ出させる効果もあります。
『夏場はシャワーだけ』という人も多いですが、しっかりとお湯に浸かったほうが全身をくまなく清浄できるので、汗をかく夏こそお湯に浸かりましょう」
花が浮かぶお風呂に入ってリラックスしている女性の画像
(5)蒸気・香り作用……免疫力を高めて、自律神経を整えてくれる
「鼻やのどの粘膜は、乾燥すると免疫力の低下を招きがちです。そんなときこそ、お湯の蒸気で湿り気を与えてくれる入浴が有効。入浴中に『長い深呼吸」をするだけで粘膜の乾燥を防ぎます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.