ビューティ情報『プロトレーナーが指摘する筋トレの“思い込み”「100回筋トレするより、10回やるほうが筋肉はつきます」』

2019年1月20日 11:45

プロトレーナーが指摘する筋トレの“思い込み”「100回筋トレするより、10回やるほうが筋肉はつきます」

目次

・何もしないと筋肉が減り、そのぶん脂肪が増えていく!?
・“スクワットを100回!”では、効果は得られない
・基本の筋トレメニュー:太もも&ふくらはぎ
プロトレーナーが指摘する筋トレの“思い込み”「100回筋トレするより、10回やるほうが筋肉はつきます」
「今まで頑張って筋トレをしたけど、あまり効果がなかったような…」という人、いませんか? もしかしたら、それは筋トレについて誤った“思い込み”があるからかも…!? プロトレーナーとして各メディアでも活躍し、著書『女子の筋トレ&筋肉ごはん』で女性の美しい体づくりに必要なトレーニングについて解説している坂詰真二先生に、トレーニングで陥りがちな“思い込み”についてお話を伺いました。

何もしないと筋肉が減り、そのぶん脂肪が増えていく!?

まず知っておきたいのが筋肉の大切さ。体に筋肉がついていないと、どういうことになるのでしょうか。
「筋肉は毎日1kgあたり約10~15kcalのエネルギーを消費しています。しかしその筋肉は20歳頃で成長のピークを迎えた後は、加齢とともに1年に0.5~1%ずつ減っていきます。食事量は変わらなくても、消費カロリーが減るので体にエネルギーが余り、余ったエネルギーは脂肪として蓄積されます。例えば筋肉が1kg減ると、一年で体脂肪が800g増えます。年齢に伴って体重が変わらなくても体がたるむ原因がここにあるのです」(坂詰先生)
代謝を上げ、美しく健康的な体づくりを目標とする女性の場合は、20歳頃の筋肉量に戻れれば十分。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.