ビューティ情報『今年の冬は乾燥が強敵!皮膚科専門医が教える正しいハンドクリームの選び方』

2019年1月22日 17:45

今年の冬は乾燥が強敵!皮膚科専門医が教える正しいハンドクリームの選び方

目次

・肌の悩みタイプ別!クリームの選び方
・皮膚科専門医が教える、クリームの適量や塗り方のコツ
今年の冬は乾燥が強敵!皮膚科専門医が教える正しいハンドクリームの選び方
冬になると毎日のように気になるのが肌の乾燥。とくに今年の冬は、各地で乾燥注意報が発表されるなど例年以上に肌への影響を感じている人も多いのではないでしょうか。ケアアイテムに欠かせないのが市販のハンドクリーム。ついパッケージや香りで選びたくなりますが、じつは肌の悩みに応じて、選ぶべき種類もちがってくるって知っていましたか?

■肌の悩みタイプ別!クリームの選び方

あかぎれしてしまった女性の手

野村皮膚科医院 院長の野村有子先生によると、現在薬局に置かれているハンドクリームは、大きく分類するとビタミン系、保湿系、尿素系にわけることができます。
●乾燥による「ガサガサ」タイプは、ビタミン系クリーム
乾燥によって肌がガザガザしてしまっている人が選びたいクリームの種類は、ビタミン系。
「ビタミン系のクリームは全身に使えます。ビタミンE配合のクリームは、血行を改善し、冷え対策にも。水分と油分を補給し、保湿の働きもあります。あかぎれ、しもやけにもおすすめです」(野村先生)
●「かさつき、粉ふき」タイプは、保湿系クリーム
かさつきや粉ふきが気になる人は、保湿系のクリームを選んでみて。
「全身の乾燥が気になる箇所に使えます。かさつきや粉ふきが消えても毎日のお手入れとして継続することが大切です」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.