ビューティ情報『風邪をひいたとき、お風呂はどうする?プロに聞く!風邪が早く治る入り方』

2019年1月28日 21:45

風邪をひいたとき、お風呂はどうする?プロに聞く!風邪が早く治る入り方

しかし、住宅事情が変わった現在では、家で湯冷めする可能性はなくなったので、基本的に風邪のときに入浴しても大丈夫です。逆に、入浴したほうが風邪ウイルスを撃退してくれる場合もあります」

風邪を早く治してくれるお風呂の入り方とは?

キャンドルが並べられたおしゃれなお風呂の画像

「私たちが風邪をひくのは、『ウイルス』に感染するからですが、このウイルスをやっつけてくれるのが体内の『免疫システム』です。ウイルスは高温に弱いので、免疫システムは体の温度を温めてウイルスを攻撃します。これが風邪のときの発熱の原理です。
そのため、お風呂の作用で体温が上がれば、ウイルスにとって好ましい環境ではなくなり、また免疫物質も働くようにもなります。さらに、風邪のウイルスは湿気に弱いので、浴室の湯気や蒸気といった環境がウイルスを弱らせ、のどや鼻の不快な症状も緩和しやすくなります。ただし、体温が37.5℃以上の高温の場合は、体力が低下しているので、入浴は控えたほうが無難です。37.5℃以下の微熱で、体調がそれほど悪くない場合に限り、40℃ほどのお湯にサッと入り、入浴後は湯冷めしないようにすぐに布団に入りましょう」
『お風呂研究20年、3万人を調査した医者が考案最高の入浴法』

参考書籍
お風呂研究20年、3万人を調査した医者が考案最高の入浴法』
文/奥沢ナツ

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.