ビューティ情報『がんばらなくていい、手間もいらない! 顔の専門家が「ドクターエア 3Dアイマジック」をお試し』

2019年2月4日 21:45

がんばらなくていい、手間もいらない! 顔の専門家が「ドクターエア 3Dアイマジック」をお試し

目次

・休みを入れず、つい長時間のパソコン作業…
・大の字に寝転んでスイッチオン!がお気に入り
・ケアにはやっぱり「手間なし」が重要
がんばらなくていい、手間もいらない! 顔の専門家が「ドクターエア 3Dアイマジック」をお試し
『FYTTEヘルスケア家電&グッズ大賞』の<ビューティ家電(フェイスケア部門)>で第1位を獲得した、ドクターエア3Dアイマジック。話題の目もとケア商品を、顔のパーツのことを知り尽くした顔ヨガインストラクターの小林かおるさんがお試し!

休みを入れず、つい長時間のパソコン作業…

40代の前半から老眼が少しずつ進み、目の疲れも感じやすくなりました。特に、夜になると遠くのものが見えにくくなったり、明暗に慣れるのに時間がかかったりするように。疲れると、目だけではなく、眉のあたりもこり、首まで張ってきます。年齢的なこともあるとは思いますが、生活習慣にも原因はありそうです。「目によくない」と思いつつ、休憩を入れずにパソコン作業を2時間以上続けたり、度が合わないと感じながらメガネやコンタクトをそのまま使用していたり…。つい、寝る前の暗い部屋で横向きのままスマホで動画を見てしまうこともあります。
いつもは、専門家としての知識を生かし、顔ヨガで目のストレッチをしてケアをしています。ゆっくり目を開けて閉じたり、目をぎゅっとつぶったりして、眼輪筋も鍛えています。専用のグッズを使い、目もとを温めることもありますが、少しの疲れをほぐすことはできても、完全にとり除くことはできず、こりや疲れをためてしまいがちです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.