ビューティ情報『気になる目元のクマ! クマの種類とケア法をエステティシャンが伝授』

2019年2月1日 21:45

気になる目元のクマ! クマの種類とケア法をエステティシャンが伝授

気になる目元のクマ! クマの種類とケア法をエステティシャンが伝授
寝不足のような、疲れて老けたような印象に見える「クマ」。なんとかしたくてもなかなかスッキリと解消しづらいのも悩みのポイント。クマは色によって原因が違い、それぞれに効果的な対策を取り入れるといいとされています。今回はエステティシャンである筆者がクマの種類とケア法をご紹介します。
クマの種類と原因とは?
スマホで目を酷使している女性

(1)青や紫っぽく見える血行不良が原因となる青クマ
目の疲れや冷え、寝不足や貧血によって目の周りの血流が悪くなり
目もとが青紫色に見える青クマ。パソコンやスマートフォンの見過ぎや運転などによって目を酷使することで眼精疲労が起きることも原因のひとつ。
ホットタオルやアイマスクを取り入れて目もとを温めて血行促進したり、肩や頭皮、顔も温めながら血行をよくしてあげるように日ごろから意識しましょう。
ビタミンEや鉄分などの含まれる食材やサプリメントを補うのもいいですね。
(2)色素沈着が原因でくすんだように見える茶クマ
メイクによる色素沈着や目もとをこするなどの刺激によって茶色くくすんだように見える茶クマ。
クレンジング洗顔の際にゴシゴシ摩擦をしたり、アレルギー反応などで無意識に目もとをこすったりしていませんか?
目もとは皮膚が薄い場所なので摩擦はせず、コットンにたっぷりと含ませた化粧水を目もとに乗せて、美白クリームをやさしく塗ってメラニンをため込まないようにしましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.