ビューティ情報『【温泉療法専門医が教える】健康的に美肌になる正しいお風呂の入り方』

2019年2月5日 21:45

【温泉療法専門医が教える】健康的に美肌になる正しいお風呂の入り方

【温泉療法専門医が教える】健康的に美肌になる正しいお風呂の入り方
いくら高い化粧品を使っていても、スキンケアが間違っていては効果がありません。そこで今回は、スキンケアと深い関係のあるお風呂の入り方にスポットを当てます。『お風呂研究20年、3万人を調査した医者が考案最高の入浴法』の著者で医学博士の早坂信哉さんに、美肌になる入浴法を教えていただきました。

健康的な美肌になる6つのポイント

お風呂は肌を洗浄し清潔にするだけではありません。体を温めることで、血行が促進され、肌の代謝もよくなります。しかし、間違った入り方をしていると、皮膚を傷める結果になってしまいます。そこで早坂さんから美肌になる6つの入浴ポイントを伝授していただきました。
(1)42℃以上のお湯は厳禁!
「42℃を超える熱すぎるお湯は、皮膚を乾燥へと導いてしまいます。美肌の必須条件は、『うるおい』『きめ細かさ』『色』の3点ですが、熱すぎるお湯はうるおいを奪います。
うるおいのひとつの目安は、皮膚の一番表面にある角質の水分量です。角質層には、『セラミド(角質細胞間脂質)』という天然の保湿オイルが詰まっています。セラミドの中には、大量の水分が脂に包まれるようにキープされ、『うるおい=セラミド』といえるほど重要なものなのです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.