ビューティ情報『医師が考案!イライラ、やる気が出ない。精神面を改善するお風呂の入り方』

2019年2月11日 21:45

医師が考案!イライラ、やる気が出ない。精神面を改善するお風呂の入り方

目次

・イライラしているときと、やる気がでないときでは入浴方法が違う
・「ヒートショックプロテイン」を活用しよう!
医師が考案!イライラ、やる気が出ない。精神面を改善するお風呂の入り方
入浴には、不安の軽減効果があることが医学的研究や心理学的の実験などで明らかになっているといいます。そこで、『お風呂研究20年、3万人を調査した医者が考案最高の入浴法』の著者で医学博士の早坂信哉さんに、精神面を整えてくれるお風呂の入り方を教えていただきました。

イライラしているときと、やる気がでないときでは入浴方法が違う

仕事中あくびをしている女性のイメージ画像

仕事などの社会的ストレスにおいて人間関係や精神的ストレスなど、私たちの生活に切っても切れない関係にあるストレス。ストレスを感じたときに覚えておきたい、ストレスを軽減させてくれる入浴法とは?
「ストレスには、過度に精神的ストレスがかかって『やたらとイライラする・あせる』というパターンと、『何もやる気がでない』というパターンがあります。
イライラしたり、あせっているときは、交感神経が優位になっている状態です。交感神経とは、別名『闘争(逃走)神経』ともいわれ、積極的な活動を行うために体をコントロールするのが役割です。
そんなときは、少しぬるめの40℃のお湯に、少し長めの20分程度しっかり浸かり、癒しの神経の副交感神経を優位にしましょう。もちろん汗をかいたら途中で湯船から出て休憩をはさみ、入る前と後の水分補給も忘れないようにしましょう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.