ビューティ情報『女性の不調「冷え性・生理痛・PMS・更年期障害」が軽減するお風呂の入り方を紹介!』

2019年2月9日 21:45

女性の不調「冷え性・生理痛・PMS・更年期障害」が軽減するお風呂の入り方を紹介!

経血が流れ出る心配があるかもしれませんが、湯船の中では水圧で抑えられているので出ることはありません。ただし、湯船から出るときに流れ出る可能性があるので、家族と同居している場合は最後に入るようにするなど工夫をしましょう。ぜひ入浴して、ゆっくり体を温めてください」

更年期障害を軽くする入浴法とは?

目を閉じてゆったり湯船に浸かっている年配女性の画像

閉経前後にホルモンバランスが乱れることで、自律神経の働きが悪くなりさまざまな不調があらわれる更年期障害。頭痛やめまい、肩こりなどの身体的な症状から、うつやイライラなどの精神的なものまであり、現れる症状は人それぞれ。
「更年期障害については、ある研究によれば『40℃のお風呂に毎日、5分入浴→休憩→5分入浴→休憩→10分入浴と反復して入ることで、症状が改善された』という報告があります。更年期障害は、自律神経の乱れからくるので、その働きを正常に戻すように、毎日決まった時間にお風呂に入り、しっかりと睡眠をとるといった規則正しい生活を送ることも重要です」
『お風呂研究20年、3万人を調査した医者が考案最高の入浴法』

参考書籍
お風呂研究20年、3万人を調査した医者が考案最高の入浴法』
文/奥沢ナツ

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.