ビューティ情報『自律神経失調症の原因にも? 自宅でできる体のゆがみケア』

2019年5月5日 05:00

自律神経失調症の原因にも? 自宅でできる体のゆがみケア

目次

・長時間のスマホ使用で頸椎がゆがむ!
・正しい座り方・立ち方・歩き方とは?
・首のゆがみを直す「バスタオル体操」
自律神経失調症の原因にも? 自宅でできる体のゆがみケア
「脚を組む」や「猫背」など、体をゆがませる原因となることは知られていますが、ほかにも「ゆがみ」を生む原因は私たちの生活習慣に潜んでいます。「原因はわからないけど、どこか体調が悪い」という人は、もしかしたらゆがみが原因かも!?そこで、ゆがみを防ぐ正しい姿勢、さらに自分でできる「ゆがみ矯正法」について、新宿西口治療院・増田安寿先生に詳しい話をうかがいました。

長時間のスマホ使用で頸椎がゆがむ!

「体をゆがませる生活習慣」の代表例は次のような姿勢です。
  • 脚を組んで座る
  • 猫背で座る
  • 片側に体重をかけて立つ
  • 足の外側(小指側)に重心をかけて歩く
  • 片方の手ばかりでスマホを持つ
  • スマホを腹部付近の高さで持ち、うつむいて操作する
人体でゆがみやすい部位は「首・背骨・腰」。上記で挙げた姿勢は、これらの箇所にゆがみを生じさせてしまいます。近年、歩行中や電車でスマホを操作している人は多いですが「長時間にわたって不自然に首を傾ける」という姿勢は、じつはとても危険なのだとか。
「カイロプラクティックの世界では、最初にゆがむのは『頸椎(首の骨)』と考えられています。頸椎がゆがむと、それを支える背骨や腰へと連鎖してゆがんでしまいます」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.