ビューティ情報『何が違うの?「ふき取り化粧水」「導入化粧水」の使い分けで理想の肌に!』

2019年2月10日 21:00

何が違うの?「ふき取り化粧水」「導入化粧水」の使い分けで理想の肌に!

日ごろ化粧水を肌になじませていない、なじませる量が少ないと肌の水分量が低下することで乾燥をはじめ肌トラブルを起こしやすい環境になります。
■ふき取り化粧水の特徴や使い分けとは?
クレンジングや洗顔をしていても目には見えない汚れが毛穴の奥にたまっていることもあり、それらを整えるのが「ふきとり化粧水」です。
洗顔後、肌表面をふきとり化粧水でふき取ることで落ちきれていない汚れや古い角質などを取り除き肌代謝をスムーズにさせるサポートをおこなってくれます。
アルコール、AHA、尿素、界面活性剤といった成分が含まれており、ふきとり化粧水やピーリングローション、AHAローション、クリアローションと表記していることもあります。
ふきとり化粧水をコットンに出している女性の手元画像

■導入化粧水の特徴や使い分けは?
洗顔後、化粧水を塗る前に肌になじませることでそのあとに塗るスキンケアの浸透力を高めることが「導入化粧水やブースター液」の目的です。
美容成分が含まれていたり、そのあとに塗る化粧水や美容液など角質層に浸透しやすい道筋を作ってくれることが特徴です。
なんとなく化粧水の浸透が遅い気がする、乾燥やゴワつきも気になる…というときに導入化粧水やブースター液を使うことで肌をやわらかくし、浸透しやすくなります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.