ビューティ情報『白米よりもチャーハンが◎!? 食事のとり方で“血糖値スパイク”を予防』

2019年2月13日 11:00

白米よりもチャーハンが◎!? 食事のとり方で“血糖値スパイク”を予防

目次

・数値は基準値内なのに“危険”と診断されてしまうワケとは…?
・血糖値スパイクを予防する“食事のとり方”
白米よりもチャーハンが◎!? 食事のとり方で“血糖値スパイク”を予防
健康診断で気になる項目のひとつ“血糖値”。最近では各メディアで“血糖値スパイク”という症状が話題になっていますが、正直その実態や改善点などを掴めていない人も少なくないのでは?実際にネット上では「血糖値スパイクを改善するためには、一体何をすればいいんだろう」「そもそも健康診断で血糖値スパイクかどうかってわかるものなの?」といった、血糖値スパイクにまつわる疑問が相次いでいました。そこで今回は、血糖値スパイクの実態を徹底解剖!「いつも血糖値は正常だから…」と油断している人も、決して人ごとではないかもしれませんよ。

■数値は基準値内なのに“危険”と診断されてしまうワケとは…?

頬に手を当てて驚いている女性の画像

1月8日放送の「教えてもらう前と後」(TBS系)では、お笑い芸人博多大吉さんが4年ぶりの人間ドックを受診。その採血結果を見た「おおたけ消化器内科クリニック」院長・大竹真一郎先生は、博多さんに対して驚きの注意喚起を促しました。
大竹先生が注目したのは、血糖値の平均値を表わした「HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)」。食事などで変動する血糖値は何より“平均値”が重要で、基準値は4.6~6.2とされています。
今回の検査で、博多さんのHbA1cは「6.0」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.