ビューティ情報『[キャベツの栄養]葉以上に栄養がある芯!切り方や食べ方は?』

2019年2月17日 11:00

[キャベツの栄養]葉以上に栄養がある芯!切り方や食べ方は?

目次

・キャベツの芯には葉の約2倍のカリウム、カルシウムが含まれる!
・そぎ切りすれば炒めものやサラダにも使いやすい
[キャベツの栄養]葉以上に栄養がある芯!切り方や食べ方は?
硬いキャベツの芯は、調理する際につい捨ててしまいがちな部分ですが、実は葉よりも栄養や甘みがあるのをご存知ですか?今回はそんなキャベツの芯に含まれる栄養素や、風味・食感を損なわない切り方、料理法などを紹介します。

キャベツの芯には葉の約2倍のカリウム、カルシウムが含まれる!

「キャベツの芯」「結球葉(丸まっている葉部分)」「外側の葉」それぞれの栄養を比較した研究で、キャベツの芯にはカルシウム、カリウム、リン、マグネシウムが結球葉(※)の約2倍多く含まれていることがわかりました。なかでも、カリウムとリンは、この3つの部位の中でも芯に最も多く含まれています。
※結球葉の外側から16~20枚目の数値と比較

そぎ切りすれば炒めものやサラダにも使いやすい

[キャベツの栄養]葉以上に栄養がある芯!切り方や食べ方は?

キャベツの芯は、上の写真のような「そぎ切り」にして調理するのがおすすめです。断面積が増えるのと、薄くなることで火の通りが良くなり味もしみ込みやすくなります。炒めものなどに活用しましょう。また、汁ものの具材やだしに使っても美味。薄く切ると生でも食べやすくなるので、サラダなどもおすすめです。
煮込みすぎに注意 キャベツの芯は、煮込みすぎると臭みが出てしまいます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.