ビューティ情報『すべて手作業!? アルガンオイルの本場「モロッコ」を訪ねて知ったこと #Omezaトーク』

2019年2月27日 06:00

すべて手作業!? アルガンオイルの本場「モロッコ」を訪ねて知ったこと #Omezaトーク

すべて手作業!? アルガンオイルの本場「モロッコ」を訪ねて知ったこと #Omezaトーク
青い街「シャウエン」に行ってみたい!と思い、先日モロッコを訪れました。イスラムやヨーロッパなど、さまざまな文化が混ざり合うモロッコにすっかり魅了されてしまった筆者。今回は、美容大国としても知られるモロッコで学んだ、アルガンオイルの作り方をご紹介します。
シャウエンの街並み

念願叶ってシャウエンへ。モロッコは、このような美しい街もあれば、サハラ砂漠もあるので、少し車で走ると街の雰囲気もガラリと変わります。一日を通して気温差も大きく、朝晩はダウンジャケットが必要な一方、日が昇ると長そでのシャツや半袖一枚でも快適に過ごせてしまいます。
最近、日本でも「美容にいい」と注目されているアルガンオイルですが、その本場はモロッコ。原料となるアルガンの木は、世界でもモロッコの南西部にしか生息していないのだそう。アルガンの実はヤギの大好物だそうで、なんとヤギは木に登ってまでも食べようとするそうです。ツアーの添乗員さんにこの光景を写真で見せていただいたのですが、少し衝撃的でした(笑)
ヤギは実だけを食べて種を吐き出すので、この種を拾い集めて中から芯をとり出します。この芯から抽出されるのがアルガンオイル。ひと粒からごく少量しかとることができないため、とても希少なオイルなのだそう。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.