ビューティ情報『意外と豊富「ブロッコリー」の栄養効果。栄養成分を失わない正しいゆで方』

2019年3月15日 11:00

意外と豊富「ブロッコリー」の栄養効果。栄養成分を失わない正しいゆで方

・スルフォラファン
ブロッコリーに微量に含まれるファイトケミカルの一種で、体を防御する酵素の生成を促進します。また咀嚼の際に酵素によってスルフォラファンに変換されるグルコラファニンも多く含みます。
ブロッコリーの効果効能について ブロッコリーはアンチエイジング、免疫力向上、美肌効果、貧血予防、便秘の解消など、女性にとってうれしい効果効能にすぐれた野菜です。特にビタミンCの含有量がとても多くほかのビタミンも含まれているため、美白、ダイエット、PMS(月経前症候群)の改善や冷え性の改善、つわりの緩和などにも役立つと言われています。
妊娠前後の女性が必ずとりたい栄養素である葉酸も豊富に含むことから、あらゆる年代の女性が積極的に食べたい野菜の代表格と言っていいでしょう。
ビタミンEやビタミンAは腰痛や肩こり、頭痛、ドライアイ、乾燥肌などの緩和にも効果を発揮します。また緑黄色野菜に豊富なことで知られるカロテンはキャベツの4倍も含まれていて、美肌や免疫力アップなどに役立つと言われています。
スルフォラファンは微量でもがん予防、胃や肝機能の向上、花粉症の緩和やメタボ予防の効果があります。二日酔い防止の効果もありますので、お酒のおつまみにも向いています。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.