ビューティ情報『意外と豊富「ブロッコリー」の栄養効果。栄養成分を失わない正しいゆで方』

2019年3月15日 11:00

意外と豊富「ブロッコリー」の栄養効果。栄養成分を失わない正しいゆで方

もともとスプラウト(新芽)は、種が持っている豊富な栄養に加えて、発芽してからも新しい栄養成分を作り出すため、高い栄養価を持っているのが特徴です。高い抗酸化力を持つスルフォラファンも、スプラウトには成長したブロッコリーの20倍も含まれているのです。
ブロッコリースプラウトは味もクセがなくマイルドで、そのまま生で食べやすいので、サラダやサンドイッチ、手巻き寿司の具としてなど、どんどんとり入れていきたい野菜です。ただし熱には弱いので、肉や魚と組み合わせるときは調理済みのものに上からのせるようにするといいでしょう。動物性たんぱく質や酢、油、ビタミンB6と相性がいいので、ソテーや南蛮漬け、イワシやレバーの煮ものの薬味としても使ってみてください。

おいしいブロッコリーの選び方とゆで方

ゆでたブロッコリーの画像

せっかくブロッコリーを食べるのなら、おいしくて栄養分も高いものを食べたいですよね。そこでブロッコリーの上手な選び方をご紹介します。ブロッコリーを選ぶときはまず、つぼみに注目してください。つぼみがキュッと引き締まっていて粒がそろっているもの、密集してキッチリ詰まっているものを選んでください。
全体的にこんもりとして中央部が盛り上がっているもの、緑色が濃く茎がしっかりと太くついていて、切り口がみずみずしいものが新鮮でおいしいブロッコリーです。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.