ビューティ情報『花粉による肌の赤み、カサカサに!「オイルケア」で肌トラブル対策』

2019年3月17日 21:00

花粉による肌の赤み、カサカサに!「オイルケア」で肌トラブル対策

アルコールや添加物の入っていない化粧水をたっぷりとなじませて水分量を高める
化粧水で水分量を高める

肌が敏感になっているときは、アルコールや添加物の入っていないもの、オーガニック製品の化粧水をたっぷり使い肌の水分量を高めましょう。
1.化粧水をミストボトルに入れて顔全体にミストし、手のひらでゆっくりなじませます。
2.化粧水を手のひらにとり、ゆっくりとハンドプレスしながら肌に水分をたっぷりなじませましょう。
(4)もう一度ホホバオイルで油分量を高める
ホホバオイルで油分量を高める

化粧水を塗ったまま放置してしまうと肌表面の水分が奪われてしまい、再び肌が乾燥しやすくなってしまいます。なのでもう一度ホホバオイルを肌表面にたっぷり塗って、ハンドプレスで水分を肌に閉じ込めます。
(5)肌の上からラップ+温タオルで血行促進
ラップ&温タオルで血行促進

自宅でできる温パックで肌の血行促進を促しましょう。
まず、水でぬらしたタオルを絞り、ラップに包んでレンジで温めておきます。
ホホバオイルを塗った顔の上に、鼻と口を開けてラップをのせます。その上から、先ほど温めておいたタオルをのせます。
温タオルは、血行促進させながらホホバオイルと化粧水をしっかり肌に浸透させることができます。肌のバリア機能を守りながら水分量と油分量のバランスをコントロールし肌の代謝を促してくれますよ。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.