ビューティ情報『大量摂取はダイエットに逆効果!? “たんぱく質”の正しいとり方』

2019年3月16日 11:00

大量摂取はダイエットに逆効果!? “たんぱく質”の正しいとり方

目次

・たんぱく質の大量摂取はNG!?
・1皿でたんぱく質を10g補える簡単レシピとは?
大量摂取はダイエットに逆効果!? “たんぱく質”の正しいとり方
“たんぱく質”には、知られざる美と健康パワーがいっぱい。最近は男性だけでなく、たんぱく質の力で美容とダイエットに励む“プロテイン女子”が急増中です。他にも高たんぱく・低カロリーな「アスリート飯」を提供する飲食店も増えていますが、だからといってたんぱく質を多くとればいいという話ではありません。上手に摂取しないと効果が軽減したり、最悪の場合太ってしまう可能性も。そこで今回は、たんぱく質の正しいとり方を徹底解剖。1月28日放送の「あさイチ」(NHK)では、管理栄養士・冨士原伴子先生がたんぱく質について詳しく解説してくれました。

■たんぱく質の大量摂取はNG!?

朝食をとろうとしている女性の画像

そもそもたんぱく質はダイエット効果だけでなく、さまざまなメリットが満載。例えば体力アップや美肌効果、髪質や冷え性の改善、更には安眠効果も促します。
実際に効果を実感する人は多いようで、ネット上では「たんぱく質を摂取しながら、柔軟体操を徹底。そしたら夜はぐっすり眠れるようになり、体も疲れにくくなった」「たんぱく質の摂取と5分間の有酸素運動だけでダイエットに成功!」「たんぱく質をとるようにしてから、髪がパサパサしない」などのコメントが。しかしその一方では、「毎日数時間ウォーキングして、たんぱく質とビタミン中心の生活をしてるのに全然痩せない!」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.