ビューティ情報『柔軟性チェックでわかる、現代人がやわらかくするべき部位はココ!』

2019年3月25日 21:00

柔軟性チェックでわかる、現代人がやわらかくするべき部位はココ!

目次

・私たちの日常の動きは、すべて「前後」の方向
・日常の動きに影響し、現代人が縮みがちな部位をやわらかく
柔軟性チェックでわかる、現代人がやわらかくするべき部位はココ!
大きく脚を開くことができたり、体を折りたたむように前屈ができたりする「やわらかい体」に憧れている人は多いと思います。でも、体は「やわらかいほどいい」のでしょうか。本当に必要な体のやわらかさについて、プロトレーナーの坂詰真二さんに教えてもらいました。

私たちの日常の動きは、すべて「前後」の方向

「たとえば、180°の開脚ができる人を見ると『体がやわらかい』と感じるかもしれませんが、正しく股関節を動かすためには、90°の開脚ができるやわらかさがあれば十分です。というのも、歩く、座る、立ち上がるという私たちの日常の動きの方向はすべて『前後』方向。『左右』の方向のやわらかさは、私たちの日常生活や姿勢にはあまり影響がないんです」(坂詰さん)
それよりも、体の動きに直接影響を与える、『やわらかくしておくべき』部位を知っておいてほしいといいます。それは、どこなのでしょう。

日常の動きに影響し、現代人が縮みがちな部位をやわらかく

「『前後』の動きに関わる、首の前側、胸、お腹、腰、お尻、太ももの裏側、ふくらはぎの7か所です。座りっぱなしの体勢が多い現代人は、どうしても縮みがちな部位ですが、硬いままだと立った状態の姿勢、日常のさまざまな体の動きに影響が出てしまうだけでなく、関節の変形や歩行トラブルの原因にもなってしまいます」

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.