ビューティ情報『医師がすすめる! ダイエット効果を高める「お風呂」の3つの活用法』

2019年5月9日 20:00

医師がすすめる! ダイエット効果を高める「お風呂」の3つの活用法

目次

・ダイエット効果を高める、お風呂の活用方法3つ
・疲れを癒し、身も心も幸福になるお風呂マジック!
医師がすすめる! ダイエット効果を高める「お風呂」の3つの活用法
「運動している時間がない!」という人に最適なのがお風呂を活用したダイエットです。お風呂の習慣を続けることができれば、基礎代謝が上がるので痩せる体に近づきます。また、お風呂はリラックス効果や脳にもよい作用をもたらすといわれていますので、この効果を日常生活にとり入れれば今よりもっと心身が元気になります。そこで今回は、温泉療法専門医・医学博士の早坂信哉先生に、医学的な観点から「ダイエット効果を高めるお風呂の活用法」を教えてもらいました。

ダイエット効果を高める、お風呂の活用方法3つ

体を温めるなら1日たった10分間浸かるだけでもよいのですが、ここではお風呂の健康作用を利用してダイエット効果を高めるお風呂の活用法3つについてご紹介します。
(1)食前15分のお風呂で食欲を抑える
医師がすすめる! ダイエット効果を高める「お風呂」の3つの活用法

健康な人におすすめの方法です。42度位の熱めのお風呂に入ると、血液の流れが変わるため交感神経が高まり胃腸や消化器官の働きが弱くなります。また、熱いお風呂に入ると温められた皮膚に血液が集中し、内臓の血液が一時的に減ります。皮膚の表面に血液が集中すると胃腸の働きが悪くなりますので、通常は食べる直前のお風呂はあまりおすすめしません。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.