ビューティ情報『春キャベツと冬キャベツの栄養の違いって?』

2019年4月2日 06:00

春キャベツと冬キャベツの栄養の違いって?

目次

・春キャベツと冬キャベツそれぞれの特徴
・春キャベツと冬キャベツのおすすめ調理法
・最後に
春キャベツと冬キャベツの栄養の違いって?
冬と春に旬があるキャベツ。栄養や味にはどんな違いがあるの?特徴やおいしく食べる調理法を知って、調理に役立てましょう。
3月から5月ごろにかけて、スーパーでも頻繁に見かけるようになる春キャベツ。やわらかくて甘みがあっておいしいですよね。ビタミンCやビタミンK、カルシウム、食物繊維のほか、うまみ成分であるグルタミン酸を含み、生でも加熱しても食べやすい便利な野菜です。
ところで、「キャベツ」の種類が出荷時期によって分類されていることをご存じですか。よく知られているのが、秋ごろに種をまき4~6月に収穫する春キャベツ、夏に種をまき11~3月に食べごろを迎える冬キャベツです。収穫の時期だけでなく、生産地も味わいも異なります。それぞれ、味にはどんな特徴があり、どんな料理に適しているのでしょうか?

春キャベツと冬キャベツそれぞれの特徴

同じキャベツですが、見た目も味わいも異なります。
春キャベツの特徴と味
春キャベツと冬キャベツの栄養の違いって?

全体は丸い球形で内部は黄緑色をしており、葉の巻きがゆるい。葉はやわらかめで、みずみずしい。サラダなど、生食に適している。
春キャベツの主な産地 海洋性気候で、冬でも暖かい地域で栽培される。千葉県の銚子地域、神奈川県の三浦地域などが主産地。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.