ビューティ情報『まぶたの脂肪と疲れ目を撃退! 整形級のぱっちり目をつくる顔ヨガ』

2019年4月13日 17:00

まぶたの脂肪と疲れ目を撃退! 整形級のぱっちり目をつくる顔ヨガ

目次

・眼輪筋を鍛えれば、目は開いて、大きく見える!
・まぶたを鍛える「眉上げ」
・まぶたで瞳を押す「デカ目プッシュ」
・まぶただけ閉じる訓練で、目は大きく、魅力的に!
まぶたの脂肪と疲れ目を撃退! 整形級のぱっちり目をつくる顔ヨガ
目が大きいと、かわいらしく見えますよね。でも眼球の大きさは、それほど個人差がないもの。じつは、目の見え方を左右するのは、瞳を覆うまぶたにあります。一重まぶたや二重まぶたで目の大きさに違いは出ますが、残念なのは目をしっかり開いてない、眠たそうな目です。目を少しでも大きく見せるにはどんな方法があるのでしょう。顔ヨガインストラクターの小林かおる先生に教わりました。

眼輪筋を鍛えれば、目は開いて、大きく見える!

目を小さく見せる原因は、しっかり開いてない「まぶた」。顔ヨガでとくに効果を発揮するのが、このようにまぶたを開けない目です。
「まぶたも筋肉でできていますから、使っていれば開けるようになります。きちんと動かせるようになると、まぶたそのものが引き締まり、今よりも目が開くように。反対に使わないと、目まわりの筋肉である眼輪筋が弱ってしまいます。たるんで下がってくると、しだいに目もとがぼんやりしてくるので、顔ヨガで動かしてあげましょう」(小林先生)。
また、顔ヨガは、年齢とともにまぶたが垂れ下がってくる「眼瞼下垂(がんけんかすい)」の予防にも効果的なのだとか。
「眼瞼下垂になりやすい人は、目を開け閉めするときにまぶただけではなく、おでこの筋肉を使っているため、まぶたがゆるんでいます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.