ビューティ情報『180度どこから見ても美人顔♡ 目や口、顔の左右差を整える顔ヨガ』

2019年4月27日 17:00

180度どこから見ても美人顔♡ 目や口、顔の左右差を整える顔ヨガ

目次

・もともと人間の顔は左右非対称にできている
・利き目ばかり使うと目の大きさにも違いが出ます
・目や口の高さを合わせる、「口角目線ブランコ」
・左右バランスを整える&リフトアップを叶える「こめかみリフト」
・日頃のクセを見直すことも大事
180度どこから見ても美人顔♡ 目や口、顔の左右差を整える顔ヨガ
美人の条件のひとつに挙げられるのが、シンメトリー(左右対称)な顔立ち。人気の芸能人は、ほぼ例外なくシンメトリーな顔立ちであることが多いといわれています。あなたの顔は、左右のバランスが整っていますか?アンバランスだと自信が持てませんよね。今回は、顔ヨガインストラクターの小林かおる先生に、アンバランス顔の原因と、それを改善する顔ヨガを教わりましょう

もともと人間の顔は左右非対称にできている

「手に利き手があるように、顔も使いやすいほうばかり使いがちです。パッと見たとき、あきらかにほおの位置が違う人は、日ごろのクセが大きく影響しています」と小林先生。
クセとひとくちにいってもさまざまですが、主にあげられる例として、
・利き目ばかり使う
・片側の歯ばかり使ってものを噛む「噛みグセ」
・片側ばかりほおづえをつく
・同じほうばかり向いて寝ている
といったことがあります。
本来であれば左右の筋肉を均等に使う動作を、片側ばかりで行うことで筋肉のつき方に偏りが出て、左右非対称(アンバランス)になっていくと考えられています。

利き目ばかり使うと目の大きさにも違いが出ます

「誰もが長時間、無意識に行っているクセのなかに、利き目ばかり使うことがあります。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.