ビューティ情報『ほろ苦いフキノトウをおいしく食べるなら味噌と天ぷらで決まり!』

2019年4月16日 11:00

ほろ苦いフキノトウをおいしく食べるなら味噌と天ぷらで決まり!

目次

・フキノトウに含まれる栄養素
・フキノトウのあく抜きの方法
・フキノトウの味噌と天ぷらレシピ
・最後に
ほろ苦いフキノトウをおいしく食べるなら味噌と天ぷらで決まり!
3~4月にかけて出荷されるフキノトウは、春の山菜の代表格。フキの花のつぼみ状態の「花茎(かけい)」がフキノトウと呼ばれ、独特の風味と食感で昔から日本で親しまれています。フキノトウに含まれる栄養素やあく抜きの方法、2つの代表的なレシピを紹介します。

フキノトウに含まれる栄養素

ほろ苦いフキノトウをおいしく食べるなら味噌と天ぷらで決まり!

フキノトウは、食物繊維6.4g、ビタミンE4.0mg、ビタミンK92μg(マイクログラム)、葉酸160μgなどを豊富に含み、これらの栄養素は、フキよりも多く含まれています(可食部100g当たり)。

フキノトウのあく抜きの方法

フキノトウは、えぐみや苦みが強いので、しっかりとあく抜きをして食べましょう。
memo フキやフキノトウには、ピロリジジンアルカロイド類という天然毒が含まれているので、しっかりとあく抜きをして食べましょう。ピロリジジンアルカロイドは水に溶けるため、記事で紹介している伝統的なあく抜きは、安全性を高める観点から有効です(水にさらす時間が長いほど天然毒は減り、2時間さらすと、ピロリジジンアルカロイド類は生のふきのとうに比べて39%に減少します)。
1.塩を加えたたっぷりの熱湯でフキノトウを数分間茹でこぼし、茹で汁は必ず捨てる(溶けたピロリジジンアルカロイド類を含んでいるため)。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.