ビューティ情報『管理栄養士・麻生れいみ先生が大注目!「ビタミンD」こそ、いまとるべき栄養素!』

2019年5月5日 06:00

管理栄養士・麻生れいみ先生が大注目!「ビタミンD」こそ、いまとるべき栄養素!

目次

・ビタミンDってどんな成分? とっているとどんないいことがあるの?
・ビタミンDについては今、世界中で研究中
・現代人はビタミンDは不足。紫外線対策と日光浴、どちらを優先?
管理栄養士・麻生れいみ先生が大注目!「ビタミンD」こそ、いまとるべき栄養素!
糖質オフダイエットでご自身もやせて、さらにタレントをやせさせるなど大活躍の管理栄養士・麻生れいみ先生。そんな麻生先生が今注目しているのが、ビタミンDという栄養素だそうです。「ビタミンDってなんだっけ?」と思いませんか?なぜいまビタミンDなのか、麻生先生にくわしく教えていただきました。

ビタミンDってどんな成分? とっているとどんないいことがあるの?

お皿に乗っているさば

ビタミンDは肝臓と腎臓を経て活性型ビタミンDに変わり、主に体内の機能性たんぱく質の働きを活性化させることで、さまざまな作用を及ぼす成分です。
まず、いちばんよく知られているのは、骨の材料となるカルシウムを体内に取り込みやすくする栄養素だということ。日光を浴びると皮膚でコレステロールを原料として合成します。つまり、紫外線に当たらないと合成できないので、あまりに紫外線を完全にカットするような生活をするのも問題です。小さいころからそれを続けていると、子どもの骨形成にも異常が起こる、くる病になりやすいともいわれます。また大人では、骨軟化症が知られています。ビタミンD不足が続く高齢者や閉経後の女性では骨密度低下が起きやすく、骨粗鬆症や骨折のリスクが高くなってしまいます。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.